選び方の基準

笑う主婦

肌の乾燥がなかなか改善しない時には、基礎化粧品が自分に合っているかどうかしっかり確認する必要があります。
一番に見直したいのが洗顔料です。
洗顔料によっては強い洗浄力を持っていて、それが肌の潤い成分を奪ってしまって、乾燥が良くならない場合があります。
汚れ落ちだけを気にするのではなく、適度な潤いを残してくれるかどうかで判断するのが大切です。
乾燥肌の場合には刺激にも弱いため、界面活性剤などが少ないタイプの洗顔料がおすすめです。
化学物質などが使われていない固形石鹸や、肌を守るタイプの洗顔フォームなどが向いています。
泡で出てくるタイプの洗顔料はとても便利ですが、泡を作るために界面活性剤が使用されているので、なるべく避けるのが無難です。

肌の表面は皮脂や細胞間脂質、天然保湿因子などで守られていますが、洗顔でこれらは洗い流されてしまいます。
特に乾燥肌の方は肌のバリア機能が弱まっている状態なので、これらの保護物質をなるべく洗い流さないように、洗顔方法にも注意が必要です。
暑い汗をかく季節でもない限り、朝の洗顔はぬるま湯のみで大丈夫です。
洗いすぎが潤い成分まで奪ってしまうので、朝は皮脂などの寝ている間に出た汚れを落とすだけで事足ります。
また、洗い方はとにかく優しく擦らないというのが大切です。
乾燥肌の場合、角質層が乱れていてちょっとした刺激でも角質がダメージを受けてしまいます。
優しく丁寧に洗顔するようにして、手が肌に触れないようにしましょう。