ケアの方法

口紅を塗る

基礎化粧品とはファンデーションやアイシャドウなどのメイクをするためのコスメアイテムとは違って、化粧下地を塗る前のスキンケアの段階で使うアイテムのことです。
各化粧品メーカーから様々な基礎化粧品が販売されていますが、どのアイテムでも使い方の手順は同じです。
洗顔後に化粧水をし、そして美容液、乳液、クリーム、という順番で使うのがスキンケアの基本です。
それぞれのアイテムには役割があります。
化粧水は保湿成分を肌に与える役割があり、乳液には肌に必要な油分を与え、化粧水の蒸発を防ぐ役割があります。
基礎化粧品を同じ化粧品メーカーで揃える事をライン使いといいますが、ライン使いをしなくても正しい順番を守っていれば十分正しいスキンケアができます。

基礎化粧品は順番を守って使うことが大切です。
スキンケアを最小限で済ませたいなら、美容液はクリームは省いて、化粧水と乳液だけでも肌のコンディションを整えることができます。
しかし、どんなにスキンケアを省いたとしても最低限化粧水だけはつけることが大事です。
化粧水を省いていきなり乳液やクリームを塗ってしまうと、洗顔によって水分が失われてしまった肌にいきなり油分で蓋をしてしまうことになります。
そうすると肌の乾燥が促進し、シミ、皺、たるみにも繋がってしまいます。
乾燥肌の人は皮膚に油分を与えようとして必要以上に乳液やクリームを塗ってしまう傾向があります。
しかし、その前にしっかりと化粧水で保湿をして肌に水分を与えることが大切なのです。