いろいろなパターン

青いジャケット

乾燥肌の方やそうでなくても冬になると決まって乾燥してしまうという方は、保湿クリームを導入して使用するのがおすすめです。
乾燥は水分と油分の両方が足りていない状態なので、両方を補うケアをしてあげるのが大切なのです。
化粧水にも美容成分が配合されていて保湿効果もありますが、水溶性のものなのでそれだけでは水分が蒸発してしまって、肌が乾燥してしまいます。
潤いを閉じ込めておくためにも、肌に油膜を張って保護してくれる保湿クリームが重要な役割を果たします。
また、減っている油分を補う事もできます。
そして、油溶性の美容成分が含まれているので、肌へ栄養を与えることもできます。
化粧水のみの使用ではなく、スキンケアの最後に保湿クリームを使用することで、効果的に保湿ができるようになります。

冬は外の気温が低くなっていて湿度も低下し、室内はエアコンやファンヒーターでさらに乾燥しています。
このような過酷な状態だと、普通肌の方でも乾燥しやすくなってきます。
冬の乾燥を防ぐには、やはり保湿力の高い基礎化粧品でお手入れするのが有効です。
夏は夏用、冬は冬用と基礎化粧品も分けて使わないと、夏用のものだと保湿不足になってしまいます。
また、基礎化粧品にプラスして、美容オイルやワセリンをふた代わりに使うのも効果的です。
ワセリンには美容成分は含まれていませんが、表面で水分が蒸発するのを防ぎ、外から異物が侵入しないように守ってくれます。
低刺激で敏感肌の方でも安心して使用することができるので、肌やボディなどの乾燥が気になる所に薄く伸ばすと効果的です。